古文書解読検定

書ければ読める!くずし字・古文書入門

早くも増刷決定!2刷 15,000部

 現代文をくずし字で書けるようにするため、小学校で習う教育漢字千字(実際には教育漢字は千二十六字あります) と江戸時代のひらがな百二十五字とその他の古文書によく出てくる漢字百二十五字の合計千二百五十字を収めました。
 サブタイトルを「教育漢字千字文」としたのは、古代より漢字の読み書きの教科書的な教材として使用されてきた『千字文』にあやかっています。
 巻末には「索引」を付けました。この索引によって、本書が携帯用の「基本漢字・ひらがなくずし字字典」の機能も兼ねられるようにしました。またご自分が書いた文章で、くずし字がわからない字を調べるときにも利用してください。

新書版  小林正博 著
2018年10月 発刊
潮出版社 定価880円+消費税

新刊発売中!!
本書の内容
Ⅰ 近世古文書に頻出する変体仮名125文字を解説
Ⅱ 小学校で習う教育漢字1000字のくずし字を解読
Ⅲ 教育漢字以外で知っておきたいくずし字125字を解説
付録  漢字索引